飲んできました! クラフトビアマーケット 神保町店

神保町駅近くにある「クラフトビアマーケット 神保町店」にビア・ダイブ@東京! カウンターが多くて、15人ぐらいいけそう。一人でもサクッと入りやすい。テーブルもあり、30人ぐらい入れそう。少しだが、店の外にも席がある。 名称 リアル ペールエール 製造 箕面ビール 柑橘系の良い香り。アメリカンペールエールだと思…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「素晴らしきかな、人生」 何をもって人生を素晴らしいと考えるのか…

観てきました(シネマ・ダイブ) 「素晴らしきかな、人生」 仲間と会社を立ち上げ成功を収めた主人公。だが、6歳の愛娘を失い、人生が暗転する。会社経営にも身が入らず、仲間との間にもいつしか亀裂が... 主人公、仲間たちそれぞれが抱える問題を、「愛」「時間」「死」というキーワードを軸に、巧みに編み込みながら描く。題材が題材だ…
トラックバック:0

続きを読むread more

ほのかに柑橘のフレーバーがある爽やかなピルスナー コエド 瑠璃

ビール飲みました。 名称 瑠璃(ルリ)。 製造 コエドブルワリー ピルスナーだけど、微かに柑橘系の爽やかな香り。飲むと、軽いコクと程よい苦味を感じる。鼻腔を微かに柑橘系の香りが駆け抜けるので、全体として爽やかなフレーバー。後味は苦味が主張してくるが、長引かずサッパリという感じで、飲みやすい。うまい! ピルスナーに…
トラックバック:0

続きを読むread more

パイナップルのようなIPA VOODOO RANGER IPA by ニューベルジャン

ビール飲みました@アメリカ。 名称 VOODOO RANGER IPA。 製造 ニューベルジャン@コロラド州フォートコリンズ。 パイナップルのような甘い香り。松ヤニの香りも混じっている。飲むと、軽い甘味とコク、松ヤニのような絡みつく苦味を感じる。パイナップルを皮ごとかじったようなフレーバー。苦味は一瞬で去っていき、…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ」フラメンコって、やっぱりカッコ良い!

観てきました。 「サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ」 スペインのグラナダのサクロモンテの丘で、迫害されたロマの人々が作り出した洞窟フラメンコのドキュメンタリー。世界的に有名になった、かつての踊り手たちのインタビューを中心に描かれる。かつての踊り手、若い世代の踊り手と、老若男女交えて踊りが披露される。かつての踊り手は…
トラックバック:0

続きを読むread more

飲んできました! 羽田バル@蒲田

蒲田駅近くにある「羽田バル」にビア・ダイブ@東京近辺! ブリューパブだが、醸造自体は近くでやってるみたい。テーブル席中心で、30人ぐらい入れる。一人でもサクッと入れる。 IPA 柑橘系の良い香り。飲むと、やはり柑橘系の華やかなフレーバーで、強めの苦味押し寄せ、それに少し遅れてモルトの甘みとコクが現れる。ダブルIPAのように…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「3月のライオン 前編」勝負の世界で生きる人々の過酷な人間模様

観てきました。 「3月のライオン 前編」 少年の時、交通事故で家族を失い、天涯孤独となった主人公。知り合いの将棋棋士の家族の元で育てられ、いつしか将来有望な棋士となっていた。そんな主人公を軸に周りの人々の人生が描かれる。 将棋の話ではあるが、将棋はあくまで、勝負の土壌として使われていて、主眼は勝負を生業とする人々の人間…
トラックバック:0

続きを読むread more

ちょっと甘みがあるオレンジのようなIPA ホップデビル by ビクトリー

ビール飲みました@アメリカ。 名称 ポップデビル。 製造 ビクトリー@ペンシルバニア州ダウニングタウン。 香りは甘めの柑橘系の良い香り。飲むと程よい甘味とコクを感じ、鼻腔を柑橘系の香りが抜け、オレンジのようなフレーバー。その後、IPAらしい苦味が押し寄せるが、比較的アッサリと姿を消す。美味しい! アルコール度は6…
トラックバック:0

続きを読むread more

本「不時着する流星たち」 小川洋子: 不完全性、不安定感の中にある人生の味わい。秀逸な短編集。

読みました(ブック・ダイブ) 「不時着する流星たち」 小川洋子 実在の人物、出来事を題材に発想した短編集。取り上げた題材は、何らかのエクストリームなところがあり、そこから派生する疎外感のようなものが全ての作品の基調にある。全体的にドラマチックな展開の話ではないが、些細な出来事の中に潜む心象がうまく描かれていて、常に軽い緊張感…
トラックバック:0

続きを読むread more

ホップ3回投入したIPA Heavy seas Loose Cannon

ビール飲みました@アメリカ。 名称 Heavy seas Loose Cannon。 製造 Clipper City Brewing@メリーランド州ボルチモア ポップを3回に分けて入れたことから、HOP3 Aleと書いてある。アルコール度は7.5度だし、正式なスタイルはIPAだと思う。 グレープフルーツの皮の香り…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「チア☆ダン」 チアダンス初心者の女子高生が全米制覇した実話

観てきました(シネマ・ダイブ) 「チア☆ダン」 題名のサブタイトル通り、普通の女子高生がチアダンスで全米制覇をしてしまった実話を映画化。全米制覇を目指して努力し、葛藤する先生と生徒にグッとくる。そして、とんでもない偉業だなと敬服する。映画としてはコミカルなタッチ。個人的にはもう少しシリアスでも良いかなと思ったが、要所は押…
トラックバック:0

続きを読むread more

飲んできました! BeerBar 富士桜 Roppongi

六本木交差点近くにある「BeerBar 富士桜 Roppongi」にビア・ダイブ@東京! 特にラオホで有名な(他のビールも有名だが)富士桜高原麦酒さんの直営店。非常に上品な店内で、料亭のような雰囲気がある。カウンター、座敷の両方があり、バンドメンバーとライブ鑑賞後だったので、個室に。個室も非常に上品で、静かで、落ち着いて過ごせ…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「しゃぼん玉」人間が人になるには、何が必要かを考えさせられる秀作

観てきました(シネマ・ダイブ) 「しゃぼん玉」 親に捨てられ、他人など信じられない若者が主人公。定職にも着かず、弱い女性を狙った引ったくりを繰り返していた。そんな主人公が、警察から逃れるため、山奥の集落に身を隠す。温かく、時に厳しい村の人々との交流が主人公の心に変化をもたらす... 人々の交流が肝だが、メタファーとして…
トラックバック:0

続きを読むread more

アメリカで最高評価のインペリアルIPA 90 Minute IPA ドッグフィッシュヘッド

ビール飲みました@アメリカ。 名称 90 Minute IPA 。 製造 ドッグフィッシュヘッド。 甘いパイナップルのようなアロマがメインで、影にポップの草のアロマも潜んでいる。ただ、アロマは強い方ではない。飲むと、かなり強い刺激とともに苦味とコクを感じ、鼻腔には甘いパイナップルの香りが駆け抜ける。アルコール度が9…
トラックバック:0

続きを読むread more

本「i(アイ) 」 西加奈子: この残酷で不平等な世界でどう生きていくのか?難問に挑んだ傑作。

読みました(ブック・ダイブ) 「i(アイ) 」 西加奈子。 いつか誰かが、このテーマに真っ向から向き合う小説を書くのではないか、あるいは書いて欲しいと思っていた。いや、思っていたことに気付かされた。 不平等で、残酷な世界。この現実を毎日見せつけられながらも、どうする事も出来ない無力感。いつしか自分と違う世界として切り離す。…
トラックバック:0

続きを読むread more

色々な料理とのマリアージュが楽しめそう。 エビス 余韻の時間

ビール飲みました。 名称 エビス 余韻の時間。 製造 サッポロビール。 ジュエル・ロブション氏とのコラボ商品。毎年一時期だけ醸造される限定もの。モザイクを使っているとあって、微かにシトラスの香りをかんじる。ただ、アメリカンペールエールやIPAほどではない。飲むと、鼻腔に抜けるシトラス香を感じ、アメリカンペールエール…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「ママ、ごはんまだ?」毎日食べるご飯って愛だなと思う秀作。

観てきました(シネマ・ダイブ) 「ママ、ごはんまだ?」 人気歌手、一青窈さんの姉の一青妙さんが、彼女らの母の人生を思い出と共に綴った物語。台湾料理が得意な母との思い出には常に食べ物があり、物語も台湾料理を軸に構成されている。 楽しくて、切なくて、有り難くて。そんな感情を呼び覚ましてくれる秀作。食べる事って、生きる事だと感じ…
トラックバック:0

続きを読むread more

甘い桜餅味というより、桜風味の春を感じるピルスナー サンクトガーレン さくら

ビール飲みました。 名称 さくら 製造 サンクトガーレン 確かに、さくら餅の香り。ただ、ホップのフラワリーな香りもする。飲むと、モルトの甘味とさくらの香りが相まって、さくら餅のフレーバーがするが、それは長く続かず、ホップの心地良い苦味が訪れ、味を引き締める。後味は基本スッキリで、苦味の余韻が残る。美味しい! さく…
トラックバック:0

続きを読むread more

映画「バースデーカード」 笑いあり、涙ありの傑作!とっても幸せな気持ちになる作品

映画観ました。 「バースデーカード」 自分に自信が持てない10歳の女の子。そんな彼女を温かく支える母と家族。だが、母は不治の病で亡くなってしまう。母は子供たちが20歳になるまでのバースデーカードを書き残した。毎年届くバースデーカードを基に、子供の成長と家族の絆を描く。 ストーリーがきめ細かく考えられていて、様々なエピソ…
トラックバック:0

続きを読むread more